デザイン住宅 9坪ハウス

ホーム9坪ハウスとは?デザイナーズファイル製品ラインナップ
 
9坪の家 つくって住んだ、こんなに快適!
 
 

9坪の家
改訂版 『9坪の家』
著者 萩原修
廣済堂出版
\1,470
(本体価格 \1,400)



9坪の家(旧)
初版 『9坪の家』
 


初版では、著者の萩原修さんが、家の柱展で魅せられた、建築家・増沢洵氏が設計した最小限住居「9坪の家」に実際に住みたいと思ったところから始まります。土地探しから「9坪の家」を建てるまでが、赤裸々に語られており、これから家を建てようと思われている方におすすめです。

今回、改訂版では初版の9章にプラス3章されています。まるで9坪ハウスにプラス3坪した9坪ハウス+のようなボリューム感です。

プラス3章の内容としては、

10章 9坪ハウス・プロジェクト
11章 庭。壁面、そして子供部屋改築
12章 家は生き方を変える

10章ではいかにして、「9坪の家」からBoo-Hoo-Woo.comの9坪ハウスが生まれたかが、書かれています。

弊社代表の岡崎が、実際に「9坪の家」を見て、
このデザインを販売できたら…
気軽にネットショップで購入できたら…

この思いが、現在の9坪ハウス誕生へとつながります。岡崎と萩原さんとの出会いから始まり、建築家、デザイナーとのリメイクデザイン、展覧会やグッドデザイン金賞受賞、コンペなど、9坪ハウスがプロダクト化され、社会現象となっていく過程がよく分かります。

11章、12章は萩原さんが実際に9坪の家に住んでの後日談、また9坪と言う空間に住むことで生まれた、様々な変化について書かれています。

自分たちの生活に必要なものは何なのか、限られた空間の中で家族はどのように暮らしていくのか。人とモノの関係、人と人の関係を常に自分に問いかける、ある意味、実験的な生活。12章のタイトルにもある「家は生き方を変える」という言葉、本書を読むと、その奥深さを感じることができます。そして意外と普通に,、そして快適に暮らせることが分かります。

本当に読む人によっては人生観が変わるのではないでしょうか。

自分はどんな家に住みたいのだろう…。
どんなライフスタイルなんだろう…。

考えるきっかけを与えてくれるそんな本です。
ぜひご一読ください。



>>> ご購入はこちら

 
 



■スミレアオイハウス・ストリーミングムービー
再販を記念して、萩原さんの自邸、9坪の家・スミレアオイハウスで暮らす家族4人の姿を、ドキュメンタリー タッチで公開したストリーミング映像も復活!


■ストリーミングムービー (16'36")
 
 
ホーム9坪ハウスとは?デザイナーズファイル製品ラインナップ
会社概要プレスリリースプライバシーポリシーお問合せ
- 9tubohouse.com web site version1.0β -
copyright
 
produced by